『Sky Sports』は「ファビオ・カペッロ氏は、ズラタン・イブラヒモヴィッチを一流のスコアラーにした秘訣を明かした」と報じた。

2004年にアヤックスからユヴェントスへと移籍したイブラヒモヴィッチは、トレゼゲやデル・ピエロなどの故障などもあってレギュラーを獲得し、セリエA初年度に16ゴールを決めた。

その際に監督を務めていたのはイタリアの名将ファビオ・カペッロであった。彼はイブラヒモヴィッチのブレイクについて、秘訣はファン・バステンのビデオであったと語った。

ファビオ・カペッロ

「ユヴェントスで初めて彼を見た時、私は気づいた。彼は考えていたよりもキックと空中戦に問題を抱えていたのだ。

イブラヒモヴィッチは、ゴールを決めることよりもアシストをすることを愛していた。しかし、私は彼に冷酷なゴールスコアラーとなり、フィニッシュを向上させてほしかったのだ。

彼はファン・バステンと同じようなスキルを持っていた。だから、私は彼に幾つかビデオを見せたのだ。フィニッシュを成長させるためにね。

私は彼に言ったのだ。ファン・バステンのエリア内での動きを見ろ、ゴールを決める方法を見ろと。

イブラはすぐにそれを自分のものにしていったよ。そして、結果がそれを証明していると思うね」