ファニーな出来事が起こりがちなアフリカ。

今年6月に行われた南部アフリカ王者を決める「COSAFAキャッスルカップ」での、あまりに謎すぎるジャッジが今更ながら話題だ。

舞台となったのは南アフリカ対ボツワナの決勝戦。

1-1の同点で迎えた41分、相手の背後に上手く抜け出した南アフリカの選手にオフサイドの判定が下されるのだが…

ボールを出したのは、なんとボツワナの選手!

たとえオフサイドポジションに選手がいたとしても相手のパスであればもちろんオフサイドにはならないが…。いかにもアフリカらしい謎すぎるジャッジだ。こんなに近くでラインズマンが見ていたのに…。

なお、試合は3-2で南アフリカが勝利。

ボツワナの2点目も、ちょっぴり不思議な感じであった。