さきほど発表されたバルセロナと楽天によるパートナーシップ締結(詳細はこちら)。

現在も公式Youtubeチャンネルで記者会見が行われており、バルセロナのジョゼップ・マリオ・バルトメウ会長、そして楽天の三木谷浩史会長が揃って出席している。

記者会見の中では質疑応答が行われたのだが、今回の契約の橋渡しとなった選手の存在が明らかになった。

その人物とはジェラール・ピケだ。

ピケといえば三木谷氏と交流があり、昨年7月にはこんな写真をTwitterで紹介

また、昨年末にクラブワールドカップで再来日した際にも再び三木谷氏らと食事の機会を持っていた

三木谷氏は質疑応答の中で、以前から交流のあったピケと妻のシャキーラがいたことで、契約が上手く進んだことを認めている。