今季リヴァプールからボーンマスへ移籍したジョーダン・アイブ。『guardian』によれば、刃物を持った強盗に襲われていたようだ。

事件は11月6日にロンドンで起きた。車に乗っていたアイブは、容疑者の車にぶつけられた後、腕時計を奪われたという。『The Sun』によれば、25,000ポンド(324万円)もするロレックスだったそう。

ロンドン警視庁のスポークスマンはこうコメントしている。

「容疑者のひとりは被害者をナイフで脅し、腕時計を奪った。

被害者にケガはなかった。

容疑者は故意的に被害者の車と衝突したのかを捜査している」

このところ、プレミアリーグの選手に対する強盗が相次いでいるようで、現地でも問題になっているようだ。(※記事トップの画像はイメージ)