英2部ロザラム・ユナイテッド対リーズ戦で、危険なプレーがあった。ロザラムの元ナイジェリア代表FWピーター・オデムウィンギーが…。

後方からのボールを競った場面で、相手DFリアム・クーパーにエルボーを食らわせたのだ。まったく必要がないにもかかわらず、明らかに顔面目掛けてヒジを振っている…。

これによってオデムウィンギーは一発レッドカードで退場に。『Sky Sports』でも「一体なにを考えてたんだ?」とつぶやくほどの謎の暴力的行為だった。

リーズ戦で一発退場になったオデムウィンギー

オデムウィンギーは一発退場になった後、まだ試合が続いているさなかに自らのTwitterを更新。

「わざとではなかったが、当たってしまった。審判がそう(退場)せざるをえなかったことは受け入れる」などとのメッセージを発信していた。

なお、今季のロザラムはまだ1勝しかできておらず、断トツの最下位と苦しんでいる。