子供のサッカーの試合を見つめていた親同士によるケンカがスペインで話題になっている。

頭突きを食らった男性が相手をボコボコに…。殴られた側は血まみれになってしまった。

この話題は『Marca』や『ABC』などの現地メディアでも伝えられている。

この殴り合いは、テルデ対ギーア戦(カテゴリーはフベニル)で起きたもの。2人は選手の親同士だと見られている。ギーア側の関係者は、こう語っていたそう。

「我々は試合終わりまで気付かなかった。レフェリーの問題がなかったクリーンな試合だったからね。

試合とは関係ない分離した事件であり、ギーアとしては選手に明らかに影響を与えるこのような行為を非難する」

『Marca』によれば、殴られた側の男性は目の手術をしなければならず入院する事態になったという。そして、警察もスタジアムに出動していたようだ。