2015年夏に大きな移籍金をかけてトッテナムが獲得した韓国代表FWソン・フンミン。

プレミアリーグ1年目だった昨季は結果を残せず、退団すら噂されていた。だが、代表を離脱してまでも早期にチームに合流した今季は素晴らしい活躍を見せている。

そのソン・フンミンについての動画をスパーズ公式が配信していた。

ハリー・ケインらと交わす握手シーンをまとめたものだ。彼がチームに馴染んでいる様が窺える。

ちなみに、『Telegraph』によれば、マウリシオ・ポチェッティーノ監督は練習前に選手同士が、さらに選手とスタッフとが握手することをルール化しているそう。

また、『Evening Standard』によると、デル・アリはソンとの関係についてこう述べているとのこと。

デル・アリ(トッテナムMF)

「僕らは同じ考えを持ってる。練習場でそれを見ることができるだろう。

誰かと自然なケミストリーを持つことは本当にいいものさ。

ここにはインテリジェンスがあって同じやり方でプレーしたい選手が大勢いる。なので、互いに繋がるのは自然なことさ」