『Football Espana』は23日、「ベティスの元スペイン代表FWホアキン・サンチェスは、レアル・マドリーとチェルシーの誘いを断ったことを明かした」と報じた。

かつてはリーガ最高のウインガーとして名を馳せたホアキン。2006年に育ったベティスを離れてバレンシアへと行き、その後マラガやフィオレンティーナでプレーした。

現在は古巣ベティスに戻ってキャプテンを務め、35歳の彼は最後のキャリアを地元で楽しんでいる。

『Telecinco』のインタビューに応えた彼は以下のように話し、レアル・マドリーとチェルシーから強く関心を寄せられていたことを明かした。

ホアキン・サンチェス

「レアル・マドリーはいつも僕に大きな関心を抱いていたよ。

ラウールとも話したし、バスルームでフロレンティーノ・ペレス会長と会談したこともある。

あの時は難しい会長がいたが、僕は満足していたし、移籍を強制するつもりもなかった」

(チェルシーからは?)

「僕の父親は、モウリーニョと会って欲しいようだったね。しかし、僕はチェルシーに行きたくはなかった。

イングランドで午後4時になって何をしろって言うんだい?寝ろって言うのか?」