バルセロナのウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、スペインのラジオ局『Onda Cero』のインタビューに答えた。

そのなかで様々なことについて明かしており、自身が後悔していることも告白した。

ルイス・スアレス(バルセロナ/ウルグアイ代表FW)

「青年期に勉強しなかったことは後悔しているよ。

子供たちにとっていいお手本になれただろうに」

しっかりとした教育を受けなかったことを悔いているという。

ただ、8歳で両親が離婚して以降は母親とスアレスが働き兄弟を含めた家族を養ってきたそう。そういった生い立ちがハングリーさにも繋がっていそうだ。そして、恵まれない子供たちを積極的に支援する理由もそこにあるようだ。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら