『Gazzetta dello Sport』は6日、「ペスカーラのズデネク・ゼーマン監督は、これまでの仕事について語った」と報じた。

先日、マッシモ・オッド氏の解任に従ってペスカーラへ呼び戻され、奇跡の残留に向けて戦っているズデネク・ゼーマン監督。

ローマやラツィオ、パルマなどをはじめ、これまで数多のクラブを率いてきた彼は『Radio Due』の番組で以下のように話し、現場に介入しようとする会長が多かったと語った。

ズデネク・ゼーマン

(ペスカーラは残留争いで危機にあるね)

「すべてを勝つことはできないが、チームの価値を証明するために幾つかの白星を獲得したい。

今は、ヨーロッパの大会でプレーしているチームが、少しセリエAの方を軽視し始めている期間だからね。

勝っているときには、いつもそこに静けさがある。

名前は言いたくはないが、私はこれまで練習やプレーに介入しようとし、スタメンを選ぼうとする会長たちに対処してきた。

その為、私はしばしば契約を途中で止めることを余儀なくされていたよ」

【厳選Qoly】「生まれる時代を間違えた」5名のスーパープレイヤー

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら