『Le Progrès』は12日、「ロワール地域リーグ1部の試合後、監督が駐車場で暴行され重傷を負った」と報じた。

暴行を受けたのはUSGラ・フイユーズBチームの指揮を執っているジャン=マリー・ロリロ監督(46歳)。

日曜日に彼らはSUCテレノワールとのアウェイゲームを戦っていた。

しかしその終了後にロリロ監督が駐車場に向かったところ、何者かに胸を蹴りあげられて転倒させられたという。

さらにその後複数の人物から激しい暴行を受け、意識を失うことに。最終的には脾臓破裂、前頭骨骨折など大きな怪我を負って病院に運ばれた。

幸いにして命に別状はないものの、現在ロリロ監督は集中治療室で経過を監視されているとのことだ。クラブは彼をサポートする声明を発表している。

なお、このような暴行に至った理由については明らかになっていない。