『Marca』は15日、「レアル・マドリーのMFイスコは、チームを離れる気は全くないと話した」と報じた。

中盤の層が厚いことから常にレギュラーとは行かないイスコ。プレー時間を増やしたいという意思を示しきたことから、プレミア方面の移籍が噂されていた。

しかし彼は取材に対して以下のように話し、出場機会を増やしたいことを認めつつ、とにかくレアル・マドリーに残りたいと語った。

イスコ

「僕は今後何年にも渡ってここにいたいということを、いつも明確に伝えてきたよ。

自分はもっとプレーしたい。それに人々がなぜそんなに驚いているのかがわからないよ。

僕はマドリーに残りたい。長い間ね。クラブも僕も正しい決断を下すだろうと思っている。

ジダン監督がメンバーを構築し、スカッドを素晴らしい方法でマネージメントしている。

勝つことができているという事実が、彼がとてもうまくやっているというものを示しているよ。

僕は知っている。世界で最高のクラブにいるのだとね。そして、僕は最高の仕事をしたいんだ」