『Independent』は3日、「アーセナルの監督を務めているアーセン・ヴェンゲル氏は、負けた時は誰よりも自分を憎んでいると話した」と報じた。

今季でアーセナルでの指揮が20年となったヴェンゲル氏。しかし成績はこれまでになく低迷しており、チャンピオンズリーグ出場権を逃しそうな状況であるばかりか、最大のライバルであるトッテナムの後塵を拝することも決まった。

契約は最終年度を迎えているが、メディアではあと2年間の延長が提示されていると言われる。

しかしアーセナルのサポーターにはヴェンゲルの解任を求める者も多くなっており、フロント内でも意見の対立が激しくなっているという。

そんな状況となっている彼は『TV2』の取材に対して以下のように話したとのことだ。

アーセン・ヴェンゲル

「私も皆と同じだ。憎まれるよりは愛されたい。しかし、現実とのギャップも受け入れられる。

監督は常に試合に勝つことはできない。それは事実だが、人々はそのような考えでないことはよく分かっている。

彼らは勝ちたい。そして、私はそこにギャップを作っている。

しかし事実、私は自分を憎むこともある。監督として、誰よりも私を憎んでいる。試合に勝てなかったときにはね。私は本当にバッドルーザーである。

人々は勝ちたがっている。もしプレミアリーグで、FAカップで、チャンピオンズリーグで勝てなければ、多いなる悲劇だ。

しかし、この3年間を思い返してみれば、我々は2回FAカップを獲得したし、リーグは2位、3位、4位でフィニッシュしてきた。

おしなべていえば、我々は満足していない。なぜなら、誰もが絶対に全ての大会で勝ちたいと思っているからだ。

しかし、同時に受け入れなければならないこともある。レアル・マドリーも5年間リーガを勝てなかった。彼らはビッグクラブである。それでも、難しい。

リヴァプールは20年以上勝っていない。勝利するのは難しいのである」