9日、UEFAチャンピオンズリーグの準決勝2ndレグが行われ、ユヴェントスはホームでモナコと対戦した。

スタッド・ルイ・ドゥでの1stレグは0-2でユヴェントスの勝利。

逆転でのファイナル進出を目指すモナコは最低でも2点が必要であり、ボランチにはファビーニョではなくボール扱いに長けるジョアン・モウティーニョを起用した。

それでは、この試合で生まれたゴールを見ていこう。

33分:マリオ・マンジュキッチ(1-0)

44分:ダニ・アウヴェス(2-0)

69分:キリアン・エンバッペ・ロタン(2-1)

試合は2-1でユヴェントスが手堅く勝利。

モナコは前半早々から積極的に仕掛けチャンスもあったのだが、ジャンルイージ・ブッフォンの好セーブもありゴールを割ることができず。終盤にキリアン・エンバッペ・ロタンが1点を返したものの、アグリゲートスコア1-4で敗退となった。

ハイライト

一方、ユヴェントスは2014-15シーズン以来2年ぶりとなる決勝進出。しかしファイナルに8回進みながらうち6回で敗れており、相性の悪さを払拭したいところだ。

決勝は6月3日(土)、ウェールズのカーディフで行われる。