先日、蘇寧グループは「ヴァルテル・サバティーニ氏をクラブコーディネイターとして招聘した」と発表した。

今後は、蘇寧グループが所有している江蘇蘇寧とインテルの両クラブでチーム全体を統括していくこととなる。

中国で会見を行ったサバティーニ氏は以下のように話し、中国のサッカーを改善していくと約束した。

ヴァルテル・サバティーニ

「私を興奮させたのは、この国を共に発展させていくことに貢献できるという点だ。中国の少年が高いレベルの選手になれることを願っている。

皆の助けが必要だ。我々がやれることはとても重要だ。中国のマーケットについて多くのことを学ばなければならない。とても気を払わなければならないよ。耳を傾けていく」

大きな補強を行ってきた江蘇蘇寧であるが、今季は8試合でまだ勝利がなく、最下位に沈んでいる。その状況を打開することも期待されている。

しかし、同時にメディアを賑わせているのは、インテルの監督選びに大きな影響力を発揮するのでは?ということだ。

欧州全土にコネクションを持つサバティーニ氏。この数カ月はイングランドでトッテナムと働いてきた。

したがって、「マウリシオ・ポチェッティーノの招聘の可能性があるのでは?」と推測されているのだ。

他にも、サバティーニ氏と関係が深いルチアーノ・スパレッティも、今季限りでローマを離れる方針であることから、次期監督の可能性は高いと考えられている。

また、4月26日にサバティーニ氏はチェルシーのアントニオ・コンテ監督と会食を行っていたと確認されており、引き抜きに動いているのでは?とも推測されている。

長友佑都の状況や去就にも大きな影響を与えると考えられるインテル。ステファノ・ピオーリ前監督を突如解任した彼らは、夏にどのような手を打つだろうか?