リーガとUEFAチャンピオンズリーグの優勝を目指すレアル・マドリー。

ただ、スペイン代表FWアルバロ・モラタは出場時間に不満を持っているとも伝えられている。

そんななか、元上司であるカルロ・アンチェロッティが、なぜモラタよりもカリム・ベンゼマが重用されるのかを解説した。『as』によれば、こう述べたという。

カルロ・アンチェロッティ(バイエルン・ミュンヘン監督)

「ジダンのもとでモラタのプレーが非常に少ないのは、クリスティアーノ(・ロナウド)と組む最高のストライカーはベンゼマだからだ」

かねてよりベンゼマの資質を非常に高く評価しているアンチェロッティ。ロナウドの相棒としては、より利他的な彼のほうがいいということのようだ。

また、自らの古巣同士の対決ともなったCL決勝についてはこう語っている。

カルロ・アンチェロッティ

「自分にとってブッフォンは特別だ。

レアル・マドリーもね、クリスティアーノだけではないよ。ラモス、モドリッチ、マルセロ、ベンゼマ、その他にも大勢いる。

彼(ジダン)は非常にスマートで、フットボールをよく知っているよ」