「ワールドカップ」

リカルド・ロドリゲス

彼は2009年にU-17ワールドカップで優勝している。そこにはジャカ、セフェロヴィッチ、そしてカサミらがいた。

グループステージではアリソン、コウチーニョ、カゼミロ、そしてネイマールがいたブラジルと対戦して勝利。ベスト16ではゲッツェやテア・シュテーゲン、ムスタフィがいたドイツをPK戦で破っている。

準々決勝ではマッティア・ペリン、エル・シャラウィらを擁したイタリアを2-1で撃破。準決勝はコロンビアに対して4-0と圧勝、決勝はナイジェリアに1-0だった。

家族

ロベルト・ロドリゲス

彼は2歳年上の兄ロベルトがいる。彼はかつてノヴァーラでプレーしたこともあるサッカー選手だ。現在はFCチューリッヒに所属する。

2015年11月7日には、彼らはそれぞれランチャーノとボルシア・ドルトムントに対してゴールを決め、亡くなったばかりの母マルチェナに捧げた。

なお、彼らには21歳のフランシスコという弟もいる。彼はルツェルンで攻撃的MFとしてプレーしている。