今年4月、USL(実質北米3部)のフェニックス・ライジングに選手兼共同オーナーとして加入したディディエ・ドログバ。

39歳になった元コートジボワール代表FWはホワイトキャップス2戦で新天地デビューすると、いきなり初ゴールを決めた。

左からのクロスに打点の高いヘディングで合わせてゴールゲット!

フル出場したドログバは、後半には元イングランド代表FWショーン・ライト=フィリップスの決勝点もアシスト。1ゴール1アシストの活躍で、2-1の勝利に貢献してみせた。

ド派手なデビューを飾ったドログバ。試合後には自身のInstagramでこのようなメッセージを出した。

ディディエ・ドログバ

「シェイク・ティオテにこれを捧げたい。彼は自らの愛することをしながら逝ってしまった。

自分の思いと哀悼の意を彼の家族に送る。

コートジボワールとアフリカ全体は、自分たちの一員であった(ティオテの)死去について喪に服している」

先日、中国で練習中に倒れて急逝したコートジボワール代表MFシェイク・ティオテにゴールを捧げていたのだ。