元ウェールズ代表FWクレイグ・ベラミーは、公式サイトでリヴァプール入りを決めたFWムハンマド・サラーについて語った。

圧倒的なスピードと闘争心を武器とし、かつてリヴァプールでもプレーしたベラミー。

現在解説者として活動している彼は、ムハンマド・サラーこそリヴァプールが必要としているタイプの選手であると主張した。

クレイグ・ベラミー

「私は彼を初めて見た時のことを覚えているよ。バーゼルにいた時だ。彼はとても良い選手のように見えたよ。

彼はチェルシーに移籍するに値するプレーをしていた。それは、あまりいい形には進まなかったけどね。

しかし、ローマでの時間はとても、とても良い物になった。爆発するようなスピードがあるし、裏に走っていける。それはリヴァプールが必要としているものだよ。うまく行けば、彼はとても良い契約になるだろうね」

「私が気に入っているのは、彼はいつもサイドバックの裏に入り込もうとしていることだよ。それは本当に必要とされるものだ。

コウチーニョとフィルミーノは、ボールを多く触ることが出来る。それは素晴らしいことだよ。なぜなら、彼等は素晴らしい選手だし、そこで何かを起こせるからね。

ただ、必要なのは『走る人』なんだ。

サディオ・マネは大きな違いを作ったよね。なぜなら、彼がいつも裏のスペースを狙っているからだよ。

したがって、私はこれが知性的な契約だと感じられる。このような選手を獲得するのは、現時点でリヴァプールに求められたことだと思う」