中国で行われたアーセナルとチェルシーのダービーマッチ。試合前半にはGKダビド・オスピナとFWペドロが衝突するアクシデントがあった。

この影響で負傷交代となったペドロ。状態が心配されていたが、その後SNS上に以下のようなメッセージを出した。

「なんて戦いだ!幸運にも僕は大丈夫さ。メッセージをありがとう」とのことで、大事には至らなかったようだ。また、アントニオ・コンテ監督はこう述べていた。

アントニオ・コンテ監督

「ペドロは病院に行った。彼がOKなのは確かだが、脳震盪を起こしていたと思う。

そういった理由から、チームドクターは病院に連れて行って検査することにした。

この時期にこういった怪我をすることはいいことではないので残念だ。だが彼はOKだろう。それについてはよかった。

きっと彼はここ(北京)に残る。もし状況がOKになれば、彼は明日シンガポールに来るだろう」

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら