『Gazzetta dello Sport』は12日、元イタリア代表FWアントニオ・ディ・ナターレのインタビューを掲載した。

彼はエンポリとウディネーゼで長くプレーしていたこともあり、現在インテルを率いている名将ルチアーノ・スパレッティの指導を受けたことがある。

今のインテルについてディ・ナターレは以下のように話し、モウリーニョの時代のチームが帰ってきたかのようだと語ったという。

アントニオ・ディ・ナターレ

(ウディネーゼで指導を受けたスパレッティについては?)

「彼はそのアイデアとメンタルをインテルにもたらしたね。全員が戦い、3位以内で終えられるチームだ。

スパレッティは理解させてくれるんだ。日曜日にやらなければならないことをね。『勝つ』と。

彼は人間だ。選手と話し、全てを平等に考え、クラブのバランスを取る。少しジョゼ・モウリーニョのインテルが帰ってきたようにも見えるよ」

(セリエA優勝はどこ?)

「ユヴェントスは最有力だね。しかしナポリも差を縮めている。マウリツィオ・サッリは素晴らしいし、これ以上足を滑らせはしないだろう。

もし彼が監督なら、私も毎年20ゴールは決められただろうね。フランチェスコ・グイドリンと同じような質を感じる。ボールを動かし、前を向くサッカーだ」