韓国代表はスウォンで行われたコロンビアとの親善試合に2-1で勝利した。だが、試合中に物議を醸すシーンがあった。

ボールを競った場面でハメス・ロドリゲスとキム・ジンスが接触。ハメスは倒れているキム・ジンスを無理やり引き起こしたのだが、相手から顔を叩かれたとして倒れ込んでしまったのだ。

キム・ジンスはハメスのキックを臀部に受けたことで倒れていた。

この時点ではコロンビアは0-2で負けており、ハメスはキム・ジンスら韓国守備陣に手こずっていたとも。それだけにイライラがあったのかもしれない。

なお、この後両チームによるいさかいに発展すると、コロンビア代表MFエドウィン・カルドナが目を細めるアジア人蔑視のポーズをしたことも問題になっている。

韓国メディアによれば、試合後のハメスは挨拶もそこそこにピッチを後にしたとも。この後、コロンビアは重慶で中国代表との親善試合を行う。