『Manchester Evening News』は8日、「イプスウィッチ・タウンのコソボ代表MFバーサン・ツェリナは、シティでプレーしたいと意欲を述べた」と報じた。

バーサン・ツェリナは1996年生まれの21歳。2012年にストレムスゴッセからマンチェスター・シティに加入したMFで、昨季はトゥウェンテ、今季はイプスウィッチ・タウンにローン移籍している。

すでにコソボのフル代表でもプレーする彼は、イングランド2部で18試合に出場、7ゴールという印象的な活躍を見せてきた。

彼は今週末のミドルズブラ戦に向けて以下のように話し、シティに戻ってプレーしたいと意欲を述べた。

バーサン・ツェリナ

「毎週2~3回、マンチェスター・シティとは連絡を取っているよ。

彼らが僕を見てくれていることは分かっている。あのチームに入るために十分な力を持っていると、そう信じてくれると思うよ。

マンチェスター・シティに入るのは難しくなる。しかし、将来のためだ。僕は彼らに証明する必要がある。十分に良いことをね。

そうなる自信はある。それを信じられなければ、絶対に起こることはないだろう。やれば、チャンスは巡ってくる。

これは夢だ。プレミアリーグでプレーすることはね」

(ディフェンス面で向上した?)

「これまでこんなに一生懸命働いたことはないよ。でも僕は調子がいいし、毎試合プレーさせてくれれば、ちゃんとやれるよ。

ここで幸せを感じている。マンチェスターとは違うね。いい天気だ!それが好きだし、幸せだ」