『FourFourTwo』は10日、「マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、ポゼッションサッカーがうまく行かなければ引退すると宣言した」と報じた。

今季のプレミアリーグでも素晴らしい立ち上がりを見せているシティ。首位を独走している他、46得点を決めている一方、10失点しか許していない。

彼は記者から「ポゼッションサッカーがうまく行かなくなったら?」と聞かれると、以下のように答えたとのこと。

ジョゼップ・グアルディオラ

「もしそうなれば、私は指導者を引退する。なぜなら、他の方法が思いつかないからだ。

もっと深く守ることはできる。しかし、私はボールを保持したいし、プレーしたいのだ。

それは、バルセロナBを率いて迎えた最初の試合からだ。いつも私はそれを探求しようとしてきた。

ときにはうまくいかないこともある。しかし、それは他のチームが良かったからだ。あるいは、我々が十分に良くなかったからだ。

しかし、考え方を変化させることはないだろう。間違いなく。私の人生で、起こり得ないことだ」