ブンデスリーガ第15節、ドルトムントはホームでブレーメンと対戦した。

先発出場した香川真司は、1点をリードされた後半12分に…(動画3分9秒~)。

香川が頭で折り返したボールを、ピエール・オーバメヤングが押し込み同点ゴールをゲット。

だがドルトムントは、この8分後に再び失点…。結局、1-2で敗れてしまった。

これで6試合勝ちなし(2分4敗)となったドルトムント。現地では、ピーター・ボス監督にとってのラストゲームになる可能性が示唆されている。