スパルタ・プラハの元チェコ代表MFトマーシュ・ロシツキーが12月20日、現役引退を発表した。

華奢な体格に類まれなテクニックと創造性を備え、「リトル・モーツァルト」の愛称で親しまれたロシツキー。

チェコ代表として活躍した彼も37歳となり、2016-17シーズンはわずか1試合の出場。今シーズンは11試合に出場し、9月10日のカルヴィナ戦ではゴールも記録していたが、プロ選手としてトップコンディションに持っていくことはもう難しいと判断し、スパイクを脱ぐことを決断した。

華麗なプレーで世界中のファンに愛されたロシツキーのキャリアを、写真で振り返ってみたい。

スパルタ・プラハ(1998~2001)

ロシツキーは1999年、チェコの名門スパルタ・プラハにおいて18歳でプロデビュー。

トマーシュ・ロシツキー

UEFAチャンピオンズリーグではバルセロナ、そして後に在籍するアーセナルなどと対戦している。当時の背番号は25。

トマーシュ・ロシツキー

【次ページ】EURO2000