『FourFourTwo』は3日、「ガーナの街クマシに、元代表MFマイケル・エッシェンの銅像が作られた」と報じた。

かつてリヨン、チェルシー、レアル・マドリー、ミランなどでプレーしたエッシェン。

卓越したフィジカル的能力を持った世界有数のMFとして高い評価を受け、何度もタイトルを獲得してきた。

この数年は怪我に苦しんできたものの、昨年インドネシアのペルシブ・バンドンに移籍し、アジアで再び輝きを見せている。

そして今回、彼のこれまでの功績を称える意味で、ガーナ2番目の街クマシに銅像が作られたという。その雄姿はこのような感じに。

…とりあえず許可は得て作っているのだろうか?