今季、巨額の移籍金によりPSGに加わったネイマールとキリアン・エンバッペ(後者の完全移籍は来季)。

攻撃の中核をなす2人は、チームでも特権的な扱いを受けているようだ。

同僚MFアドリアン・ラビオがそう認めたと、『Mirror』などが伝えている。

アドリアン・ラビオ(PSG MF)

「彼(ネイマール)はどうしたっていくらかの特権を持つ人物さ。キリアンもね。

僕はそれに思い悩んでいないし、全く気にしていない。

どっちにも嫉妬してないよ」

「ネイマールは自分のことをスターだとは思っていない。ロッカールームでの彼はとっても正直なやつだよ。

もう少し偉そうになってもいいものだけど、全然そんなことはないんだ」

チームからは特権を与えられているものの、本人には偉そうな素振りはないということだろうか。