21日に行われたACLグループステージの第2節で、鹿島アントラーズが韓国の水原三星ブルーウィングスに2-1で快勝しACL初勝利をあげた。

先週、中国の上海申花とホームで引き分けた鹿島だが、この日は8分、鮮やかなコンビネーションから金崎のゴールで先制に成功。 25分にPKを与えたものの、これを守護神クォン・スンテが止め窮地を脱すると、59分、左サイドのコーナーから金崎が今度は頭で押し込んで突き放した。

鹿島は89分に失点を喫し1点差に詰め寄られたがそのまま2-1で逃げ切り、2試合目で今季のACL初勝利をあげた。

鹿島は次節、3月7日にオーストラリアのシドニーFCと敵地で対戦する。