リーガ第27節、バルセロナはアトレティコ・マドリーとの頂上決戦に1-0で勝利した。

今季の優勝争いを左右する決戦で、値千金の決勝ゴールを決めたのはリオネル・メッシ。その彼はこんなプレーもやっていた。

セルヒオ・ブスケツからのパスを受けた場面。あっという間にアトレティコ選手3人に囲まれるも、いとも簡単に打開してみせたのだ。

なぜあそこを抜けられるのか…。よく見ないと何をやっていたのかすら分からない。

体勢を崩しかけたメッシだが、まずは左足でボールを突いて後ろからのチェックを回避。それを右足で止めると、すぐさま左足で再度ボールを突いてスペースに抜け出している。

この芸当を一瞬で、しかもおそろしく冷静に遂行している。3人の相手選手はこれだけの至近距離にいながら、ボールにトライすらできていない。メッシが速過ぎるのだ…。

試合後、敵将ディエゴ・シメオネも「メッシはスペシャルな選手。彼が違いを作り出した」と脱帽していた。