ジョゼ・モウリーニョ体制2年目のマンチェスター・ユナイテッド。CLではセビージャに屈し、ラウンド16で敗退が決まってしまった。

タイトル獲得のために、週末に行われるFAカップ準々決勝は重要な一戦になる。

そのユナイテッドで存在感を増しているのが、MFスコット・マクトミネイだ。

マンチェスター・ユナイテッドMFスコット・マクトミネイ

昨季トップデビューした彼は、1996年生まれの21歳。昨年までの2年間で身長が20cm以上も伸びて、現在は190cm以上を誇る長身のミッドフィルダーだ。

モウリーニョ監督からの評価も高く、いずれも勝利を収めた先日のチェルシー、リヴァプール戦でも先発フル出場を果たしている。

一躍ブレイクした新星のプレースタイルについて、指揮官はこう述べている。

ジョゼ・モウリーニョ(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「彼はファンタスティックな選手だ。モダンなMFで、なんでも出来る」