『Mirror』は18日、「ルイス・ファン・ハール氏は、かつてマンチェスター・ユナイテッドの選手たちはプロ意識が欠けていたと話した」と報じた。

2014年のワールドカップ終了後、マンチェスター・ユナイテッドの監督に就任したファン・ハール氏。

しかしチームをプレミアリーグの頂点に立たせることは出来ず、戦術面でも大きな批判を受け、2年目にFAカップを制覇した直後に解任された。

彼は『Bild』の取材でその当時のことについて以下のように話し、開発したシステムを使わない選手がいたと明かした。

ルイス・ファン・ハール

「私はIT技術の担当者とともにデジタルトラッカーを開発した。各選手はそれにログインすることができた。

そして、全員に対して自宅で私と対話できるように準備をし、顔を突き合わせて話せるチャンスを与えた」

(それらのシステムを無視した選手がいた?)

「それは本当だ。しかし、それは彼らのプロフェッショナリズムの欠如を証明しており、私はそれに対処した」

(レヴァンドフスキ獲得に動いた)

「彼は世界最高のストライカーの一人だ。そして、私は再びレヴァンドフスキを指導したかった。

マンチェスター・ユナイテッドに彼を連れてきたかった。

彼の価格はマンチェスター・ユナイテッドにとって問題ではなかった。しかし、バイエルンが放出を拒否したのだ」