今季のJ1で連敗スタートとなったジュビロ磐田。

しかし第3節以降に復調し、第4節で首位を走るサンフレッチェ広島と引き分けると、先週末には浦和レッズに土をつけている。

そんな浦和戦では守護神であるクシシュトフ・カミンスキがまたもや好プレーを見せた!

1-1で迎えた後半開始早々…

※03:27から

浦和は連動した動きから武藤雄樹が抜け出し、相手の注意を引きながら逆サイドへとパス。

するとフリーになった興梠慎三が強烈なシュートを打つも、これをカミンスキがセーブ!芯を食った強い一撃だったが、左手一本でこれを防いだ。

カミンスキは第1節でこそ3失点を喫したが、その後は3試合で1失点と失点数を減らしている。今季も磐田の躍進を支えることは出来るだろうか。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています