ブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマでプレーするイアゴ・ピカチュウ。

25歳の右サイドバックは、リオデジャネイロ州選手権のボタフォゴ戦で2ゴールの活躍を見せた。

まずは、前半29分。現地でもゴラッソと評された一撃!

この見事なボレーでゴールを奪った2分後には…。

ゴール前の混戦から押し込む!なぜこんなポジションにいるんだ…。

ヴァスコはピカチュウの2ゴールもあり、2-3で勝利。

今季すでに7ゴールを叩き出している彼のポジションは一体どこなのかというのは現地でも話題になっている。

『Globo』では「(ピカチュウは)サイドバックなのか、攻撃的MFなのか、アタッカーなのか?」という記事を配信していたほど。

並のストライカー以上の得点を叩き出している本人は「自分はヴァスコのジョーカーさ」と語っているそう。