リーグアン移籍後、ゴールを量産しているマリオ・バロテッリ。ただ、いまだに人種差別な扱いを受けることも…。

その彼が『So Foot』でのインタビューで、人種などについて語った。

マリオ・バロテッリ

「いくつかのスタジアムで、『黒いイタリア人はいない』とのチャントを歌われた。だが、俺がいると証明した」

「もし自分が白人だったなら、問題はもっと少なかっただろう。

俺は自分自身でいくつかの問題を引き起こし、時に誤った態度をとったかもしれない。

だが、(白人だったなら)もっと早く許されていたかって?間違いなくそうさ」

もし自分が白人だったなら、問題になることは少なく、許されるのも早いだろうと述べたという。

そのうえで「イタリアに人種差別主義者はいるが、人種差別的な国ではない」とも。