『FourFourTwo』は31日、「2017-18シーズンのプレミアリーグでシュート決定率が高い選手TOP20」という記事を掲載した。

「シュートは打たなければ入らない」とよく言われる。とにかく数を重ねていくことが、ゴールを増やすための第一歩であると。

しかし一方、打ったシュートを枠の中に入れること、コースを突くことももちろん重要である。

今季のプレミアリーグで最も「効率のいい」シュートを放ってきたのは誰なのか?もちろん先週末の段階でのデータだ。

20位:マルコ・アルナウトヴィッチ(ウェストハム)

決定率:15.6%(7ゴール)

マルコ・アルナウトヴィッチ 決定率

19位:スティーヴ・ムニエ(ハダーズフィールド)

決定率:16.2%(6ゴール)

スティーヴ・ムニエ 決定率

18位:リヤド・マフレズ(レスター)

決定率:16.4%(10ゴール)