3大会ぶり12回目のW杯出場を控えているスウェーデン代表。昨年の欧州予選プレーオフから着用しているホームキットに続いて、ブルーを基調としたアウェイキットが発表となった。

このキットは3月のインターナショナル・マッチウィークに合わせた形でリリース。0-1で敗れた3月27日のルーマニア代表戦でお披露目となった。

2018年ロシアW杯の各国新ユニフォーム情報はこちら!

Sweden 2018 adidas Away

ブルーはスウェーデン代表アウェイキットの定番カラーだが、今回のような明るめのブルーは久しぶり。イエローとのコントラストは90年代前半のユニフォームに近い。

互い違いのユニークな水平ストライプはadidasのジャージ「AdiPro 2018」がベース。背面の首元にはスウェーデン語で国名をプリントしている。

エンブレムはデザインをマイナーチェンジ。文字はスウェーデンサッカー協会の略称“SvFF”から、スウェーデン語の国名“SVERIGE”に変更。色もレッドを無くしてブルーとイエローのシンプルな構成となった。

スウェーデン代表の次のフレンドリーマッチは、6月2日にデンマーク代表戦を予定している。

【厳選Qoly】U-23日本代表、U23アジアカップに招集できなかった「海外日本人」の逸材たち12名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら