『BBC』は14日、「セネガル代表のアリュー・シセ監督は、ワールドカップにFWデンバ・バを招集する可能性を示唆した」と報じた。

かつてはニューカッスル・ユナイテッドやチェルシーで活躍を見せ、世界でもトップクラスのストライカーとして名を馳せたデンバ・バ。

しかし2015年に中国の上海申花へと移籍してからは代表に招集されておらず、さらに左足の脛骨と腓骨を骨折する大怪我にも苦しめられていた。

長期間のリハビリを余儀なくされたあと、昨年はベシクタシュへとローン移籍するもわずか2試合の出場に終わっている。

だが今年1月にギョズテペに移籍すると、なんと9試合で5ゴールと大ブレイク。デンバ・バ復活をアピールしている。

アリュー・シセ監督は、『RTS』の取材に対して以下のように話し、デンバ・バを3年ぶりに復帰させることを示唆したという。

アリュー・シセ

「これまでにも言ってきたことだが、それを繰り返すことになるね。代表チームのドアは、デンバ・バのような選手にも閉ざされていない。

すでに3年間共に戦ってきたグループがあり、私はもちろん彼らに満足している。

しかしこのグループの外にいる選手のパフォーマンスも、幾つかの選択肢を提供してくれるし、無視することはできない」

セネガル代表は他にもマメ・ビラム・ディウフやムサ・ソウ、ジャフラ・サコ、エンバイ・ニアング、イスマイラ・サールなど優秀なFWがおり、日本代表にとっては驚異になりそうだ。