『Sportskeeda』は14日、「バルセロナがエルネスト・バルベルデ監督を解任すべき5つの理由」という記事を掲載した。

今季リーガ・エスパニョーラで首位を独走しており、優勝まであと一歩というところまで迫っているバルセロナ。

しかしその一方、チャンピオンズリーグではショッキングな敗北を喫した。ローマに歴史的な大逆転を許し、ベスト8で大会を去っている。

昨年からチームを率いているエルネスト・バルベルデ監督は、間違いなく国内では結果を残しているが、彼を解任すべき理由とは何なのか?

ローテーションができない

エルネスト・バルベルデ バルセロナ

バルセロナの選手たちは渋滞しているように見える。ローマとの試合でも、状況が悪くなったときに改革を起こせるアイデアがなかった。

選手は監督のアイデアに同期しようとしていなかったし、一握りの選手に高い負荷がかかっている状況だ。

バルベルデ監督は慣れ親しんだ選手をスターティングメンバーに選び、ほとんどのコンペティションに臨んでいる。

それは、使われていない選手からの信頼を失うことにも繋がるし、最終的にはレギュラーにも過度の疲労を強いる。

直近の3ヶ月半で、バルベルデ監督は大半の試合で同じラインナップを使っている。メッシやスアレス、ピケらのコンディションを管理しきれていない。

選手の能力が拮抗すれば、コンディションが勝負を分ける。特に大きなコンペティションでは。