LAギャラクシーに移籍し、その初戦で2ゴールの活躍を見せたズラタン・イブラヒモヴィッチ。

以降、4試合連続で試合に出場しているが、22日(日)に行われたアトランタ・ユナイテッド戦で驚きのプレーを見せてくれた。

右足を高く振り上げると、自分より高い位置にあったボールに届きこれがパスに!

これだけ高いボールに触れられるだけでも驚きだが、両足の角度がほぼ180度になっているのも凄い…。まさにイブラヒモヴィッチにしかできないテコンドー技だ。

静止画で見るとこんな感じ。

36歳になっても体の柔らかさは変わらないようだ。