25日(水)に行われたJ1第10節。

北海道コンサドーレ札幌は「聖地」と呼ばれる札幌厚別公園競技場で今季初めて試合を行い、横浜F・マリノスに2-1と勝利した。

そんなこの一戦で決勝点をマークしたのは、飛躍が期待される21歳のDF進藤亮佑。菅大輝からのクロスに豪快に頭で合わせチームに勝利をもたらした。

試合後にはヒーローインタビューに登場したのだが、ここでちょっとしたアクシデントがあった。

※04:10から

インタビュアーからの質問に答えていた進藤。

マイクを向けられていたため当然その声はスタンドにも届いていたかに思われたが、どうやらこの時、音響施設に問題が生じていた模様。

そのため観客席からは「全然聞こえないよ~」という野次が飛んでいたのだが、これを聞いた進藤はマイクを向けられているにもかかわらず大声で返答したというわけ。これはファン思い!

進藤は試合後、「得点の場面は、中にあまり味方の選手がいなかったので、自分が入っていった。チャンスになりそうだと思っていたし、そこで得点ができて本当にうれしい」と話している。

※画像は『DAZN』の許諾を得て使用しています