よほど自分に自信があるのか、ズラタン・イブラヒモヴィッチは他の選手についてあまり評価したりはしない。

しかし、そんなズラタンにも子供時代に憧れた選手はいる。「怪物」の愛称で親しまれたロナウドだ。

イブラヒモヴィッチはこれまで何度もロナウドを称えるコメントを残しており、尊敬の気持ちをメディアで隠していない。

そんな両者がロサンゼルスで再会!

ズラタンとロナウドはこれまで直接対決の経験があり、PSG時代にはロナウドが観戦に訪れたことも。

久しぶりの再会がよほど嬉しかったのが、イブラヒモヴィッチのツイートも冴えていた。

「サン・シーロを沸かせた2人の選手。フェノメノ(ロナウドの愛称)と神(イブラヒモヴィッチのこと)が同じチームにいるのを想像してみろ。世界が湧くだろう」

流石のズラタン節!確かに、この二人が一緒にプレーする姿は見たかった…。

イブラヒモヴィッチはInstagramのストーリー昨日でもロナウドとの2ショットを掲載。「ロナウドはフットボールをプレーしたんじゃない、彼こそがフットボールなんだ」と記すなど、相変わらずのリスペクトぶりだった。