先日、カンプ・ノウで行われた白熱のエル・クラシコ。

両チームの意地がぶつかり合った激闘では、バルサMFセルヒオ・ブスケツがこんなプレーを披露していた。

足裏を使った得意の引き技で寄せてきたMFカゼミロを一瞬でかわしてみせた。やっぱりうまい…。

2-2で終わった試合後には「ピッチに立っている時に記録のことは頭にない。考えているのは勝つことだけさ」と述べていたブスケツ。アンドレス・イニエスタがいなくなるバルサの中盤において、より重要な存在になりそうだ。