『Mirror』は9日、「リヴァプールのサポーターは、チャンピオンズリーグ決勝のホテル確保に苦しんでいる」と報じた。

今月26日、今季のUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦が行われる。会場はウクライナ首都キエフのオリンピスキ・スタジアムだ。

勝ち残ったリヴァプールとレアル・マドリーのサポーターたちは、歴史的な試合を観戦するためにホテルを確保してきた。

ところが、なんとウクライナの一部のホテルがそれらの予約を突然キャンセルしたというのだ。

通常のコストは80ポンド(およそ1万2000円)程度だったのだが、多くのホテルは宿泊料金を2泊で1000~9000ポンド(およそ14.8~133.3万円)というとんでもない価格に引き上げたという。そして、これによって多くのサポーターがホテル側から突然予約を取り消されてしまった。

あるホステルは「その日に電気や水がないためキャンセルしなければならなくなった」と理由を説明したとも…。そのホステルは通常料金が16ユーロ(およそ2000円)、今回のCL決勝前後はなんと1300ユーロ(およそ17万円)に設定されたという。

さらにあるホテルは「システムがハッキングされたため予約が取り消しになった」と説明したとか。

また今回のCLによる混雑で、英国からキエフの往復航空券がトルコ航空で1244ポンド(およそ18万5000円)、エアバリックで1329ポンド(およそ19万8000円)にまで引き上がっているという。

おそらくレアル・マドリーのサポーターも同じようなことになっているのだろう…選手も大変だが応援する方も大変!歴史的な試合を観戦に向かう人々も応援したくなる…。