水曜日に行われたスウォンジー・シティとの直接対決を1-0で制し、プレミアリーグ残留を事実上決めたサウサンプトン。

勝点では並ばれる可能性があるが、得失点差が+9あるため逆転される可能性はほとんどない。

大きな勝利を得たサウサンプトンであるが、この試合の前には大きな話題になった出来事がある。

彼らはスウォンジーにあるマリオット・ホテルに宿泊する予定だったが、それが直前になってキャンセルされてしまった

その理由はウイルスの蔓延だったと説明されたが、他の宿泊客には影響がなかったことから、嫌がらせ行為だったと推測されているのだ。

結果的にサウサンプトンは60kmほど離れたカーディフにホテルをとることになったが、試合の結果は上記のとおりに。

そこでサウサンプトン、公式ツイッターにこんな投稿を…。

「とても重要な仕事のため、ここに滞在することになっていました。到着のわずか24時間前に予約が取り消されました。ウイルスの蔓延という説明によって。

非常に残念なことに、他の客の予約には影響がないようでした。

我々は短い時間で他の準備をしなければならなくなり、不便を強いられました。結局はヴェイル・リゾートに変更することになりました。

ニーズを考えれば理想的な場所ではありませんでした。会議のために非常に長い旅が必要になりました。

しかし偉大なスタッフと素晴らしい施設がそこにはあり、心から強くおすすめいたします。

幸いにも、この経験は我々の旅を悪化させませんでした。仕事の会議はとても生産的でした!

近いうちに戻ってくる予定はありません」

これは有名な旅専門サイト「Tripadvisor」のユーザーレビューに見立てたレイアウトだ。

まさにイギリスジョーク。最後に来季は降格するスウォンジーと対戦しないことも示唆しつつ、ブラックに締めている…。

ちなみに、カーディフ・シティが来季プレミアリーグに昇格する可能性があるため、ウェールズには近い内に戻ってくるかもしれない。