UEFAチャンピオンズリーグ決勝でレアル・マドリーに敗れたリヴァプール。

ドイツ人GKロリス・カリウスは失点につながるミスを2つも犯してしまった。その彼はSNS上で、謝罪コメントを発表した。

ロリス・カリウス(リヴァプールGK)

「今まで眠ることができなかった…あのシーンがまだ何度も何度も頭のなかで再生され続けている…。

チームメイト、ファン、全てのスタッフに対して本当に申し訳なく思っている。

自分が2つのミスでやらかしてしまい、皆を失望させてしまったことは分かっている。

すでに言ったことだけど時間を巻き戻したいがそれは不可能だ。

僕らはレアル・マドリーを打ち破れると感じていたし、試合はずっと拮抗していたので(自分のミスは)より悪いことだった。

キエフまで来てくれて、試合後でさえも支えてくれたアンビリーバブルな我がファンたちに感謝する。

これが当たり前のことだと思っていないし、僕らがビッグファミリーであることを僕に示してくれた。

ありがとう、僕らはより強くなって戻ってくるよ」

【厳選Qoly】炎が復活!日本代表、2024新ユニフォームを発表 「ヨウジヤマモト×adidas」のY-3と歴史的なコラボが実現