『Gazzetta dello Sport』は7日、「イタリア・セリエAのインテルは、トッテナムのベルギー代表MFムサ・デンベレを獲得しようとしている」と報じた。

先日、インテルはムサ・デンベレの獲得に向けて1000万ユーロ(およそ12.9億円)のオファーを送っていると伝えられた。

その条件は流石に安すぎるのではないかと言われたが、今回さらに条件を追加したようだ。

それは、今季ウェストハム・ユナイテッドにローン移籍させていたポルトガル代表MFジョアン・マリオの譲渡という条件だそう。

2016年の夏に4000万ユーロでスポルティング・リスボンから獲得したジョアン・マリオであるが、イタリアに馴染むことはできず。

ジョアン・マリオ自身がメディアに対して「イタリアには戻りたくない」と明言しており、もはやインテルで戦力として計算できない。

また、インテルはファイナンシャル・フェアプレーの監視対象となっているため、誰かを売るすることなく大きなお金を使って補強することは難しい。

もし実現すればインテルにとっては願ったり叶ったりという条件だが、トッテナムはこれを受ける必要があるかどうか…。

>>QolyによるDAZN徹底ガイド!料金・画質・評判・番組内容など