日本のユニフォーム好きならおそらく誰もが一度はお世話になったであろうサッカーユニフォームサイト『Football Shirts Voltage.com(サッカー各国代表&クラブユニフォーム)』を運営する小野有紀(yuuki_ono_99)氏が、ワールドカップ大会別のベストユニフォームを選出する企画。

第8回は、2018年ロシア大会の後編!いよいよ今大会のベスト5を発表(※第7回はこちら)。

5位 フランス代表(NIKE アウェイ)

1994年にナイジェリア代表のサプライヤーとしてフットボールキットに参入して以降イタリア(※現在はPUMA)、オランダ、ブラジルなどを次々に手中に収め、躍進を続けるNIKE。当初は2002年モデルの蛍光色、2004年モデルの◯囲みゼッケンなど奇をてらったデザインも見受けられたが、近年ではそのリリースプロモーションと共に「洗練された印象」が定着している。

そのNIKEの象徴とも言えるのがフランス代表。2011年にadidasからのサプライヤー変更以降、それまでのトリコロールの青を少しくすんだデニムカラーにするなど、フランス代表の印象を劇的に変化させている。

フランス代表 2018 Nike アウェイ ユニフォーム

今回のランキングでは特にアウェイモデルをチョイス。NIKEフランスのアウェイモデルといえば初代2011年モデルのボーダー柄も斬新だったが、今モデルは、白をベースに赤と青のジグザグモチーフをランダムに配した意欲的なデザインとなっている。NIKE2018で各国モデルに使われているモチーフの「ジグザグ(zigzag)」はフランス語で「鋸の刃」を意味する語が由来となっていることからも、NIKEのフランス代表に対するリスペクトが伺える。

組合せ的にはグループリーグではすべてホームモデルの着用が予想され(可能性があるとするとデンマーク戦か)、このアウェイモデルの登場はノックアウトステージからになる見込み。若きフランス代表の進撃に期待しよう。