ワールドカップ第2戦、セネガルと対戦した日本代表。互いに譲らない熱戦は、2-2の引き分けという結果となった。

この試合で日本がやったあることが海外で話題になっている。

セネガルのセットプレーの場面で、日本が見事にオフサイドトラップを決めたシーンだ。

このプレーは海外メディアでも多く取り上げられていた。

『Joe』

「日本がセネガル戦で史上最高のオフサイドトラップをやってのける」

『New York Times』

「日本はビューティフルなオフサイドトラップを実行。セネガルのアタッカー陣5人をオフサイドにした」

『GiveMeSport』

「日本の守備陣はセネガル戦でクレバーなセットプレー戦術を完璧に実行」

『Dream Team』

「日本のオフサイドトラップは、今ワールドカップで見てきたなかで最高に楽しいもののひとつ」

史上最高との評価まで…。

試合後、セネガルのアリュー・シセ監督は「率直に言って我々はあまり良くなかった。日本のほうがベターなチームだった。それを認めなきゃいけないね」と潔く述べていた。

日本代表は第3戦ですでに敗退が決まっているポーランドと対戦する。