タイで洞窟内に閉じ込められたサッカーチームの少年たちは世界的な話題に。懸命な救助活動の結果、このほどコーチを含めた13人全員が助け出された。

そんななか、ポルトガルの名門ベンフィカが13人をクラブに招待したいという意向を示した。

ルイス・フェリペ・ヴィエイラ会長が在ポルトガルのタイ大使館にレターを送付し、クラブ施設に1週間ほど滞在してもらいたいと申し出たのだ。

ベンフィカ

「全ての子供たちが絶対に失うべきでない幸せと笑顔を彼らの顔に取り戻すには、このようなシンプルな振る舞い(招待)が役立つと我々は信じている」

また、マンチェスター・ユナイテッドも救助されたサッカーチームとレスキュー隊をオールド・トラッフォードへ招待したいとツイートした。来季の試合に招待される可能性があるようだ。

なお、13人はFIFAワールドカップの決勝戦にも招待されている。ただ、ウイルス感染の懸念もあるため一時的に隔離されることになっているほか、体力的にもロシア行きは厳しいとも。